くらし情報『狭小住宅でも快適に住める!「ちっちゃな家の空間3原則」って?no.1』

2018年10月5日 17:50

狭小住宅でも快適に住める!「ちっちゃな家の空間3原則」って?no.1

突然ですが質問です。

皆さんは「ちっちゃな家の空間3原則」というものを聞いたことはありますか?

これは、狭小住宅を数多く手掛けている建築家・杉浦伝宗さんが提唱された名言です。

杉浦さんは『それでも建てたい!!10坪の土地に広い家―「ちっちゃな家」の空間3原則』という本も出版されています。

住まいのプランやデザインを考える上で、筆者はこれをよくキーワードにさせてもらっています。

では、この3原則とは、いったい何でしょうか?

■ 「透ける」「抜ける」「兼ねる」。この3原則に込められた意味とは?

3原則


それは「透ける」「抜ける」「兼ねる」。

この3つを駆使することで、限られたスペースを最大限に活用し、快適に、そして楽しく住める「ちっちゃな家」が実現できるということなんですね。

と、ここまで読んだ皆さんの中には、

「なんだ、杉浦さんのような著名な建築家に依頼しないと、狭さを感じない素敵な狭小住宅なんて無理なのね」

と、思う方もおられるかもしれませんが、そうとは限りません。
小さい家

makaron* / PIXTA(ピクスタ)

既にでき上がった新築でも、これからやるリノベーションでも、賃貸住宅であっても、ちょっとした発想の転換や割り切りで、簡単に、しかもローコストに取り入れられることもあるはず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.