くらし情報『羽毛ふとんってどう選べばいい?キャリア25年のプロに聞きました』

2018年12月10日 21:30

羽毛ふとんってどう選べばいい?キャリア25年のプロに聞きました

寝床内温度が33℃プラスマイナス1℃、寝床内湿度が50%プラスマイナス5%とされています。

羽毛ふとんってどう選べばいい?キャリア25年のプロに聞きました


裸の状態で寒くも暑くもない温度は約29℃といわれています。

睡眠中は代謝機能が低下、体温も下がりますので、おふとんの中での快適温度はそれより3℃から5℃高めが理想的とされています。

そこで、この快適寝床内温度と湿度が保てるように、羽毛ふとんがきちん設計されていることが重要といえます。

■ 羽毛の持つ「断熱性能」を設計することが大切

ふとん


快適なおふとん内の寝床温度と湿度を保つには、睡眠中に受ける寝室の室温の影響を考慮しないといけません。

言い換えれば、暖かいお部屋で眠るのと、冷え込んでいるお部屋で眠るのとでは、快適な寝床温度と湿度を保つための、羽毛自身の性能のバランスを調整する必要があります。つまり、おふとんの外からの影響を受けにくくするために、羽毛の持つ「断熱性能」を設計することになります。

異なる室温の寝室環境に対して、羽毛ふとんの設計を行うノウハウはコンフォートインデックスと呼ばれています。

これは原料羽毛の段階から、膨大な実験と測定を行って集積したデータを分析して、羽毛の性能を数値化することに成功した公的専門機関(C.I.L.快適睡眠環境研究所)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.