くらし情報『年賀状整理、お年玉の管理は未来の自分がラクになる方法で!』

2019年1月26日 21:30

年賀状整理、お年玉の管理は未来の自分がラクになる方法で!

年賀はがきのお年玉商品当選発表も終わり、いただいた年賀状を片付ける時期がやってきました。

筆者宅の年賀状保管方法とお年玉の管理方法をご紹介します。

■ 年賀状の保管期間は2年!「A5ブック型ケース」で収納

年賀状は、昨年の分と今年の分の2年分を保管するようにしています。

保管にはネットショップのmon・o・toneで購入した「A5ブック型ケース」を使用しています。

筆者宅には毎年約150枚ほど年賀状が届きますが、2年間分のいただいた年賀状が余裕で収まる丁度良い大きさです。

A5ブック型ケース


閉じるとこのようなブック型に。

年賀状を収めた後は、年末までリビングのキャビネットに収納しています。

保管する枠組みを決めてからは、何年とっておけば良いのだろうというモヤモヤ感から解消されました。

存在感のあるブック型ケースなので年賀状を失くす心配もなくとても便利ですよ。

A5ブック型ケース


■ 「お年玉」の記録を付けることで、次の年をスムーズに!

子ども達にいただいたお年玉のうち数千円は子ども達に渡して、残りは子ども名義の通帳に預金しています。

8年くらい続けているので、それなりの金額になってきました。

時折子ども達から「通帳見せて」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.