くらし情報『「窓」が超重要!中古マンション内見時のポイント【良品計画元社員のリノベ日記】』

2019年3月14日 11:50

「窓」が超重要!中古マンション内見時のポイント【良品計画元社員のリノベ日記】

関東近郊で築12年の中古マンションをフルリノベーションして3歳、0歳の子どもと30代夫婦の家族4人で暮らしています。

前回、新築マンションにはない「自分たちが求める住まい方」を一から作れることに魅力を感じ、中古マンション×リノベーションに決めたことをお話ししました。

今回は、中古マンション内見時に「窓」を確認することがなぜ大切なのか、についてお話したいと思います。

■ 内見時に「窓」を確認すべき理由

LDK


新築マンションの見学と同じで、外観、エントランス、共用部である駐輪場や駐車場の使い勝手、周辺環境などについてはもちろんチェックしました。

その上でチェックすべきポイント、それは「窓」でした。

中古マンションリノベでは、共用部である窓と玄関ドアは変更できません。ですので「窓」の位置はとても大切です。

「窓」が超重要!中古マンション内見時のポイント【良品計画元社員のリノベ日記】


我が家は、夫が間取りを考えながら物件を見ていたので、なんとなくリビング、寝室、子ども部屋になるであろう部屋からの景色、日の入り方などを見学の際にも気にしていました。

そして、窓の位置によって大まかな間取りが決まりました。

■ 窓と合わせて「間口=スパン」もチェック

マンションは、限られた敷地内に多くの住戸数を確保するため、どうしても間口が狭くなってくる傾向があるようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.