くらし情報『消費増税後、贈与税の非課税枠が1,200万円から3,000万円にアップ』

2019年6月21日 21:30

消費増税後、贈与税の非課税枠が1,200万円から3,000万円にアップ



■ 2.適用前と後、どう違う?
建設中

ABC / PIXTA(ピクスタ)

もし、1,310万円の贈与を受けたら、旧制度の場合は基礎控除の110万円を差し引いた1,200万円が課税対象です。

1000万円超1500万円以下の贈与の場合は税率が40%。

税額は(1310万円-110万円)×0.4(40%)-190万円(控除額)=290万円となります。

税額は290万円だから、1310万円の贈与を受けても、実際に住宅取得資金に充てられる金額は1,000万円ほどに減ってしまうのです。

適用後は3,000万円まで控除となるので税額はゼロです。
1,310万円丸ごと住宅取得に充てられるようになるのはうれしいですね。

■ 3.まとめ

これらのことを頭に入れ、住宅購入のタイミングを見計らうべきです。
多額の贈与を受ける予定のある人は、2019年4月以降にするようにしましょう。

*この記事の情報は2019年6月時点のものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.