くらし情報『リフォームローンは高金利で損、は昔の話。自宅リノベ費用を低金利で借りる方法』

2020年4月17日 20:34

リフォームローンは高金利で損、は昔の話。自宅リノベ費用を低金利で借りる方法

住んでいる自宅をリノベーション


リノベーションというと「中古マンションを購入してリノベーション」というイメージが強いかもしれませんが、すでに自宅をお持ちの方は今住んでいる自宅をリノベーションする、というケースもあるでしょう。

リノベーション会社「EcoDeco」の社員で、8年住んだ自宅マンションをリノベした経験を持つ岡野真弥さんに、自宅リノベのお金(住宅ローン)について詳しく聞いてみました。

■ リノベーションのみでも住宅ローンが使える

不動産の購入とリノベーションを合わせて行う場合は、リノベーション費用も含めて住宅ローンを借り入れし、リノベーションのみの場合はリフォームローンで借り入れをする。そのようにイメージする方も多いでしょう。

また、リフォームローンは金利が高く、借入期間も短いため、住宅ローンと比べると損をするというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

ですが、実はリノベーションのみの場合でも住宅ローンとして借り入れができるのです。
8年前に購入した岡野さんの自宅マンション

現在の岡野さんの住まい(撮影山田耕司)

8年前に購入した自宅マンションをリノベーションするにあたり、岡野さんが新たに借り入れしたいのはリノベーション費用のみでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.