くらし情報『予算設定は?ローン返済方法は?「家づくりの資金」をわかりやすく解説』

2020年6月10日 17:50

予算設定は?ローン返済方法は?「家づくりの資金」をわかりやすく解説

■ POINT6予算決めと同時に、住みたい家のイメージを広げておきましょう

予算が決まれば、工務店やハウスメーカー、あるいは設計事務所に予算と間取りなどの希望を伝えることができます。各社ともに予算を考慮しながら、その人に合ったプランを提案してくれるでしょう。

しかしその前に自分の求める家の広さや間取りを自分たちで考えておくことも大切です。
そもそも現在暮らしている家のどこに不満があって新居を計画したのか、家づくりでいちばん大切なポイントはなんなのかなどを考えていけば、自分たちが住みたいのはどんな家なのかを見極めるきっかけにもなります。

リビングやダイニング、子ども室や収納、一つひとつをリストアップして、現状からどう変えたいか、どのくらいの広さが必要かなどについて考え、そのイメージを設計・施工者に伝えるといいでしょう。

■ POINT7土地を探している場合、建築業者に頼むとメリットがある
新居を計画する場合、土地から探さなければならない方も多いでしょう。
土地を探す場合、不動産業者に希望のエリアや予算、駅からの距離や日当たりなどの条件を伝え、それに合った土地を探してもらうのが一般的です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.