くらし情報『数字の世界から「運の世界」へ!デビュー30周年プロ雀士の思い』

数字の世界から「運の世界」へ!デビュー30周年プロ雀士の思い

「運勢」をバイオリズムに置き換え、強く意識するようになったといいます。

そのバイオリズムをつかみ、自分に向けるためには、「運を肌で感じられる=気づける」かどうかが肝。

そう考え、運を次の3つに大別したのだそうです。

(1)そもそも備わっている運

(2)日によって変わっていく運

(3)自分で育てていく運

“天運”ともいわれる<そもそも備わっている運>は、生まれながらにして天から与えられた運命。自分の力ではどうにもならないわけです。

しかし残りふたつの運は、意識の持ち方次第で、「感じられる=気づける」ようになっていくといいます。

<日によって変わっていく運>は、朝、起きたときからはじまるもの。

運の高低に気づかなければ、わからないままその日を過ごし、結果として「きょうは運が悪かった」と嘆いてしまうわけです。
しかしそれでは反省にもならず、ただの感想で終わるだけ。

■運気を自覚しながら行動するとうまくいく

運気の高低に早く気づくためには、基準となる判断材料が必要になるとか。

しかも、少しでも早く、より多いほうが根拠が強まるので、著者は起床直後の行動を大切にしていったそうです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.