くらし情報『どんな経験も要素を2つに分けて記憶!人生が変わる考え方の習慣』

2015年6月25日 12:00

どんな経験も要素を2つに分けて記憶!人生が変わる考え方の習慣

どんな経験も要素を2つに分けて記憶!人生が変わる考え方の習慣
人間誰しも、忘れたいことはあるもの。嫌なことはきれいに忘れ、前を向いて進んでいきたいものです。

とはいえ現実的に、忘れることはそれほど楽ではありません。そこで、忘れるための方法を多角的に捉えているのが、『忘れたいことを忘れる練習』(植西聰著、フォレスト出版)。

第1章「忘れてはいけないこと、忘れていいこと」から、要点を引き出してみたいと思います。

■いい思い出は人生の励みになる!

著者によれば、いい思い出をいつまでも大切に心のなかにしまっておくことは、幸せに生きていくためのコツのひとつ。

いい思い出はこれからの人生を歩んでいく励みになるので、いつまでも記憶にとどめておいた方がいいということです。

ただし、楽しいことばかりではないのが人生。悔しいこと、心が傷つくこと、落ち込むことなども少なくないだけに、嫌な思い出はできるだけ早く忘れることが大切だというわけです。

■いい思い出は嫌な思い出を消し去る

つまり、いい思い出はいつまでもおぼえておき、嫌な思い出はできるだけ早く記憶から消し去ってしまう。それは、幸せに生きていくために大切なこと。

もしも嫌な思い出が頭に浮かんできたら、意識していい思い出を記憶に蘇らせてみる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.