くらし情報『寝ても疲れが取れない…睡眠習慣をちょっと変えたら毎日が充実【体験談】』

2020年7月29日 01:11

寝ても疲れが取れない…睡眠習慣をちょっと変えたら毎日が充実【体験談】

寝ても疲れが取れない…睡眠習慣をちょっと変えたら毎日が充実【体験談】


出産・子育てで疲れても走り続けるしかなかった30代。当時の私は疲れたり睡眠不足になったりしても、気合で乗り切ってきました。しかし、40代に入ってから「疲れがたまる」という感覚が増えてきました。特に夜更かしをしてしまうと翌日体がだるくて思うように動かなくなり、やっと元気が出てきたと思ったら夕方だった……という残念な事態を何度も経験し、自己嫌悪に陥ることが増えました。そこでそんな生活から脱出するために、睡眠の習慣を変えてみることにしました。

自分にとって心地良い睡眠時間を探ってみた

寝ても疲れが取れない…睡眠習慣をちょっと変えたら毎日が充実【体験談】


まず始めたのは、「自分にとって心地良い睡眠時間を探る」ことでした。30代までは5時間ほど睡眠が取れれば十分で、授乳中は「5時間も寝られるなんて幸せ~! 」と思っていました。しかし、最近は5時間ではまったく足りません。睡眠時間を6時間確保しても、朝が絶望的につらくなっていました。

「それでは、今の私にとってスッキリ起きられる睡眠時間はどれくらいなんだろう?」と思い、試しに2週間ほど睡眠時間を日によって変え、朝の目覚め具合を記録してみることにしました。その結果、眠気がなく一番スッキリと起きられたのは7時間30分眠ったときだと判明! この時間きちんと眠れれば、朝から気持ち良く過ごせるだけでなく、家事や仕事の効率も上がることに気付きました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.