くらし情報『「やります!」歯列矯正のために抜歯を決意! しかし前途多難で #アラフォー双子の矯正日記 17』

「やります!」歯列矯正のために抜歯を決意! しかし前途多難で #アラフォー双子の矯正日記 17

36歳で歯列矯正を始めた双子芸人☆まかりな☆のかなさんの体験を描いたマンガを紹介します。

長年、自身の歯並びが気になっていたかなさん。もう歯列矯正をするには遅いと思っていたものの、コロナ禍をきっかけに歯列矯正をしてみることにしました。かなさんは抜歯をしなければいけないものの、歯列矯正をおこなうことに。しかし、抜歯の前にやらなければいけないことがあり……。

★前の話

精密検査の結果、上下2本ずつの抜歯が必要だと判明したかなさん姉妹。抜歯をしないことを歯列矯正の条件にしていたものの、治療後のイメージ写真や現状の歯の写真を見たかなさんたちの考えは変わりつつありました。

悩みに悩み、抜歯することを決意したかなさんたち。
すぐにでも抜歯をして治療を始めたいと思っていたものの、現実はそう簡単にはいかないものでした。

#アラフォー双子の矯正日記17

#アラフォー双子の矯正日記17

#アラフォー双子の矯正日記17

#アラフォー双子の矯正日記17

#アラフォー双子の矯正日記17

#アラフォー双子の矯正日記17


まず、私たちは歯列矯正をする上で2つの条件がありました。それは、「抜歯をしないこと」と「ハーフリンガル(上の歯の裏側、下の歯の表側にワイヤーを通す矯正方法)での矯正」でした。

ハーフリンガルについては、妹のまりであればできるものの私の歯の状態ではできないらしく……この時点で矯正治療に対するモチベーションが下がりつつありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.