くらし情報『ファンケルが健康意識実態調査を実施。コロナ禍のストレスで食生活が乱れやすいという結果に』

2021年3月17日 12:15

ファンケルが健康意識実態調査を実施。コロナ禍のストレスで食生活が乱れやすいという結果に

ファンケルが健康意識実態調査を実施。コロナ禍のストレスで食生活が乱れやすいという結果に
株式会社ファンケルは、2021年1月21日(木)から1月24日(日)の間で、全国の20代から60代の男女4,700人を対象に、コロナ禍での生活の変化に対するストレスやその解消法についての健康意識実態調査を実施し、1月29日(金)に第一弾として結果を報告しました。
今回、同調査から第二弾として、都道府県別での健康意識実態調査の結果を報告します。

コロナ禍でストレス増加、解消法は「睡眠」と「好きなものを食べる」
ファンケルが健康意識実態調査を実施。コロナ禍のストレスで食生活が乱れやすいという結果に
ファンケルが健康意識実態調査を実施。コロナ禍のストレスで食生活が乱れやすいという結果に
コロナ禍で「日常生活でストレスを感じている」と回答した人は66%で、コロナ禍前の50%と比較して16%増加していることが分かりました。
また、ストレスの解消法は「睡眠をとる」や「好きなものを食べる」と回答した人が多い結果になりました。

都道府県別ストレス度ランキング、1位は山形県と長崎県。47位は秋田県
ファンケルが健康意識実態調査を実施。コロナ禍のストレスで食生活が乱れやすいという結果に
コロナ禍でストレスを感じている人の割合を都道府県別で見ると、山形県と長崎県が同率1位という結果でした。
一方、コロナの感染者数が最多の東京都は34位にとどまり、全国平均と比較しても、ストレスを感じている人の割合が少ないことが分かりました。

しかし、埼玉県、千葉県、栃木県などの首都圏は3位から5位にランクインしており、感染者数の多い東京都に近い県でストレスを感じている人の割合が高い傾向が見られます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.