くらし情報『明治安田生命、TV会議で保険の引受手続きへ』

2010年10月31日 09:00

明治安田生命、TV会議で保険の引受手続きへ

明治安田生命、TV会議で保険の引受手続きへ
明治安田生命保険が、遠隔地の保険引き受け手続きにテレビ会議システムを介して行う仕組みを導入するという。
日刊工業新聞が、これを報じている。

この背景には、”生命保険面接士”と呼ばれる資格者の減少がある。通常これまでは、保険の引き受けリスクを抑えるため、委託を受けた資格者が顧客の自宅を訪れ、健康状態の確認作業や告知書の記入説明などを行っている。

TV会議活用し、都内の契約審査部門が一元遠隔作業で

しかし同社の場合、04年には約850人いた委託者が減少、直近では500人強までになっており、今も毎年40人程度減り続けているという。

このため同社では、全国的な引受体制を維持するため、各営業拠点にある職員の教育用TV会議システムを転用、保険引受時に必要な顧客の健康状態の確認作業を、都内の契約審査部門が遠隔作業により一元的に行うとしている。

これを当面1年程度試行し、成果の確認ができ次第、来秋にも全面採用する見通しとのことだ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.