恋愛情報『男の浮気は直らない?彼の「唯一無二の存在」になりたい人必見の恋愛心理学』

2017年5月13日 10:15

男の浮気は直らない?彼の「唯一無二の存在」になりたい人必見の恋愛心理学

目次

・不倫する人は誰を愛しているのか
・ロマンティック・ラブ・イデオロギーは幻想か
・まとめ
男の浮気は直らない?彼の「唯一無二の存在」になりたい人必見の恋愛心理学


波瑠さん主演『あなたのことはそれほど』(TBS系)が、「主人公がぶっ飛んでいる」と話題を呼んでいます。

今まで妻が不倫するドラマは、夫側も不倫していたり、DV癖があったり、その結婚から逃げ出したくなるような抑圧がありました。

しかし、この作品の主人公・美都の夫は愛妻家。結婚生活に抑圧など一切ないにも関わらず、美都は「憧れの人の本命になりたい」という欲求からたやすく一線を越えてしまいます。

■不倫する人は誰を愛しているのか

残念ながら、美都の憧れの人・有島光軌にとって美都は「本命の相手」ではありませんでした。
その証拠に光軌が既婚者だと知った美都が、結婚指輪をはめ、「私も結婚しているの」と告白したら、にっこり笑って「よかった」と答えます。

この「よかった」は、結局のところ「共犯でよかった」という意味にすぎません。
つまり、「ただの遊び相手でしかない」と言っているのと同じなのです。

女性にとって「一線を越える」というのは、ある程度以上の愛情がないとできない人がほとんどでしょう。
そのため、一線を越えた時点で「私は相手にとって、特別な存在なのだ」と思ってしまいがち。

でも実際には、深い愛情がなくても一線を越えられる男性はいます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.