恋愛情報『三回目のデートを逃してはならない!恋の法則“三度目の壁”を突破せよ!【神崎桃子の恋愛スパルタ塾vol.7】』

三回目のデートを逃してはならない!恋の法則“三度目の壁”を突破せよ!【神崎桃子の恋愛スパルタ塾vol.7】

2018年4月23日 11:52
 

目次

・なぜ、恋愛ルートは三回目なのか。
・一回目のデートでは「俺と居て楽しいんだな」と思わせること!
・二回目のデートでは「俺のこと好きかも?」「俺に気があるかも?」と思わせること!
・恋愛において3は運命の分かれ道~「三度目の正直」を本物にしよう!
三回目のデートを逃してはならない!恋の法則“三度目の壁”を突破せよ!【神崎桃子の恋愛スパルタ塾vol.7】


よほどの一目惚れでない限り初っ端から「好きだ」と言ってくる男はほぼいない。

男性の多くは三回目のデートでコクってくることが多いものだ。

一回目のデートでまず様子見→二回目のデートで見極め→三回目のデートで告白

……と、こんな流れだろう。

仮に「付き合って」という告白がなかったとしても、キスしてくるだとか、抱きしめてくるだとか、一回目二回目のデートではしなかった“なんらかのアクション”を起こしてくることが予想される。

なぜなら一般的に男が好意や下心を抱いていない女を三回目のデートに誘うことはほぼないからだ。よっぽど暇を持て余しているならアリかもしれないが……そんな暇な男となどあなたのほうが願い下げだろう。

なぜ、恋愛ルートは三回目なのか。

三回目のデートを逃してはならない!恋の法則“三度目の壁”を突破せよ!【神崎桃子の恋愛スパルタ塾vol.7】


日本人は何かと“3”という数字にこだわる習性がある、ということが一役買っているかもしれない。

ことわざでも

「早起きは三文の徳」「石の上にも三年」「仏の顔も三度」「居候三杯目にはそっと出し」……とまぁこんなふうに“3”はよく引き合いに出される。

日本人にとって“3”はキリのいい数字。物事の節目やケジメをつけるのにちょうどいい数字なのだ。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.