恋愛情報『疲れている彼氏にしてはいけないNG行為は?男性の本音集めてみた』

2018年12月30日 17:00

疲れている彼氏にしてはいけないNG行為は?男性の本音集めてみた

目次

・1:彼が目に見えて疲れているときの彼の本音「頼むからほっといて」
・2:スケジュールがいっぱいのときの彼の本音「正直仕事で手一杯で彼女は二の次」
・3:彼が仕事の愚痴を言ってきた時の彼の本音「上から目線の意見はイラっとする」
・4:彼が仕事の相談を言っている時の彼の本音「意見は心折れないよう優しく言ってくれ」
・「やってあげた」「なぐさめてあげた」は厳禁
うつむく彼氏を悲しげに眺める女性


お仕事を頑張る彼から漏れた少しの愚痴。あなたはどう対応してますか?職場が違ったり、年の差のあるカップルは彼からの相談や愚痴になんて返事したら迷いますよね。何も言ってくれないけど、見るからに彼が疲れているときも力になりたいし支えたいけどどうしたらいいのかわからない方は多いです。なので今回は4つのシチュエーション別に男性の本音を探ってみました。

■1:彼が目に見えて疲れているときの彼の本音「頼むからほっといて」

「大丈夫?」と聞いても「大丈夫」としか答えてくれないけど、眠そうだったり少し痩せていたり会話しているのに返事がたまになくなったり・・・大分お疲れな様子。そんなとき、男性は彼女に何をしてほしいのでしょうか。

ご飯を作ってくれた「彼女がスタミナが作る料理を何も聞かずに作って出してくれたときには愛を感じてジーンとした」(28歳/商社)ぎゅっと抱きしめてくれた「子どもっぽいからすこし恥ずかしいけど、何も言わないままぎゅっと抱きしめて頭をなでられたときは『この子のこと好きだなぁ』と思いました」(22歳/営業)「辛くなったら飛んで行くからね」「プライドがあって相談とかできないとき、察してくれた彼女が『今はなにも聞かないけど、もし辛くなったら飛んで行くからいつでも連絡してね』と言ってくれて、心が軽くなった」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.