ビューティ情報『何か食べたい!そんな時の原因や対処方法を専門家が解説』

2019年9月12日 09:00

何か食べたい!そんな時の原因や対処方法を専門家が解説

食物繊維やよく噛めるもの

豆、海藻、きのこ、ドライフルーツ、ナッツなどは、食物繊維が豊富でよく噛む必要があるため、満足度が上がります。

噛む回数が増えることで食事の時間も自然と長くなり、満腹中枢を刺激することにもつながるでしょう。

どうしても食べたい!太りにくい食べ方はあるの?

何か食べたい!そんな時の原因や対処方法を専門家が解説

食べる順番に気をつけよう

食べる順番としては、水分(温かいスープ)⇒野菜⇒主菜(肉・魚など)⇒主食の順番で食べることがポイントです。

主食(炭水化物・糖質)から食べると急に血糖値が上がり、インスリンが出て、脂肪合成の働きが高まってしまいます。そのため、主食は最後にして、消化吸収率を下げます。

よく噛んで食べよう

すぐに飲み込めるものでも、しっかりと何回も噛んで食べましょう。

よく噛むことは焦って食べ過ぎてしまう予防にもなります。また、リズミカルに噛むという刺激がセロトニンを分泌させ、精神を落ち着かせてくれます。

ダイエット中でも何か食べたいときに気をつけること

何か食べたい!そんな時の原因や対処方法を専門家が解説

ひたすら我慢することは、心身ともにいいことではありません。

我慢をし続けていると、いずれその反動が出てくることに。食べ物でなくても買い物やお出かけなど、ちょっとしたご褒美を少しずつ自分にあげながら生活するといいですね。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.