ビューティ情報『有酸素運動の効果と運動時間は比例しない!ポイントを解説』

2019年10月13日 09:00

有酸素運動の効果と運動時間は比例しない!ポイントを解説

基礎代謝が上がることで、運動以外の日常動作中も消費カロリーが多くなり、痩せやすくなります。

脂肪が燃焼される

有酸素運動は、酸素を多く取り入れながら行う運動で、その分体脂肪を燃やしやすくなるのです。

有酸素運動と運動時間の関係

スポーツシューズを履いた女性の足元

有酸素運動は、長いほど効果的な訳ではありません。有酸素運動を始めて20分経過後から、脂肪燃焼効果は高くなります。しかし運動時間が長すぎると、筋肉が疲れやすくなり、疲労物質の乳酸が蓄積します。その場合、疲労が回復するのに48~72時間がかかると言われており、多大な時間を要するからです。

有酸素運動の効果は、運動時間に必ずしも比例しないのです。他の運動と同じように、休息することで筋肉を鍛えやすくなります。長時間の有酸素運動では、活性酸素が発生しやすくなり、老化の原因にもなりかねません。

さらに有酸素運動を毎日行うと、筋肉疲労が取れず、乳酸がたまり、脂肪がつきやすくなることもあるのです。有酸素運動の効果が得られにくい場合は、頻度を下げて、1日おきにして筋肉を休ませましょう。

関連記事
筋トレと有酸素運動の組み合わせで体を鍛えて効率的なダイエット!

おすすめの有酸素運動

通勤に自転車を使用する男性

ジョギング

ジョギングのベストな運動時間は、30分です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.