ビューティ情報『有酸素運動の効果と運動時間は比例しない!ポイントを解説』

2019年10月13日 09:00

有酸素運動の効果と運動時間は比例しない!ポイントを解説

運動の後にサウナやジャグジーに入ることで血行が促進し、脂肪燃焼効果が高まりやすくなります。

有酸素運動を行う際のポイント

笑顔でジョギングする女性

マイペースに続ける

スポーツ初心者の人と上級者では、同じ運動量でも疲労回復にかかる時間に差がでます。人それぞれ体力差があるので、人に合わせすぎず、自分の体調に気をつけながら運動量を調節することが長く続ける秘訣です。

食後1~2時間後に運動をする

食後1~2時間経過後に有酸素運動をスタートすることで、食べたものが消化されやすくなり、内臓への負担も少なくて済みます。食後すぐの有酸素運動は、胃腸に負担がかかるので避けましょう。また空腹時の有酸素運動も、体力が持たなくなる可能性があるので控えてください。

マイペースに有酸素運動を楽しもう

運動後に水を飲む女性

ジョギングやサイクリングなどの有酸素運動は、しっかり呼吸をして酸素を体内に取り込むことを意識してみましょう。運動時間が長すぎたり、無理やり毎日行うのは逆効果になってしまいます。体に負担をかけすぎないように、マイペースに楽しみながら継続していきましょう。
有酸素運動の効果と運動時間は比例しない!ポイントを解説

横内 稚乃
鍼灸師、整体師、エステティシャン

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.