ビューティ情報『糖質を抑えるのに重要なのは食材選び!無理のないダイエットを』

2020年1月10日 09:00

糖質を抑えるのに重要なのは食材選び!無理のないダイエットを

ダイエット=糖質カットと言うイメージを持っていませんか?もし持っていたとしたら、一旦横に置きましょう。そして糖質=炭水化物のイメージがあったら、これも少し見方を変えてみましょう。糖質は炭水化物の他ではスイーツ類が思い浮かぶと思いますが、糖質カットの為に食べていたあの食物もまさかの糖質食材だったりします。今回は賢く糖質を生かしながら綺麗に痩せるコツを紹介します。

目次

・実は糖質の高いメニュー
・春雨スープ
・クラムチャウダー
・糖質量の低い食材の選び方
・小麦製品より米食にする
・汁物を摂るなら具材は海藻やキノコ類にする
・米は白米より雑穀米、胚芽米を選ぶ
・調味料の糖質にも注意
・食材を選んで賢く糖質オフ

サラダを食べる女性

実は糖質の高いメニュー

驚いた様子の女性

春雨スープ

白米の糖質量が100gあたり40gに対して、春雨は80gと倍の量です。更に市販の春雨スープで使用されるのは最も糖質量が多い緑豆春雨の為、返って糖質過多になっているケースが多く見られます。

クラムチャウダー

牛乳ベースである他、具材はじゃがいも、人参、コーンと糖質量の多い野菜が殆どです。中でもじゃがいものデンプン質、甘みがある人参やコーンは野菜とはいえ糖質量が高くなります。

糖質量の低い食材の選び方

雑穀米

小麦製品より米食にする

中でも糖質が多いのはパンと素麺、続いてパスタ、うどんの順番ですが、うどん一玉より更に低いのは白米です。100gあたりの糖質量は素麺が70.2gに対して白米は55.2gと大きく変わります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.