ビューティ情報『「どうでもいい人の話は、気にしなくていいんだよ」〜ブルボンヌの場合〜』

2020年6月1日 18:00

「どうでもいい人の話は、気にしなくていいんだよ」〜ブルボンヌの場合〜

ドラァグ・クイーンもトランスジェンダーも女装家も、なんでも「オネエ」とまとめたがる乱暴な時代で、さらりとそれを引き受ける方の素顔に迫る連載『オネエのすっぴん』。
今回は、女装パフォーマーのブルボンヌさんに話を伺いました。

テレビのバラエティ番組出演から、ラジオパーソナリティ、講演まで幅広くこなすブルボンヌさん。

彼が初めて女性装に惹かれたきっかけはなにか。
そしてこれまでどんなことを願い、悩み、歩んできたのか。
素顔のままで語っていただきました。

ブルボンヌさんプロフィール

目次

・ブルボンヌさんプロフィール
・着飾ることの力を教えてくれた母
・女装はやってみたかったけど、ドリフもおもしろくて
・最後のお便り「ブルちゃんはもう、自虐なんてしなくていい」
・女装、ワーママ、わかりやすいタグを前にすぐ妄想する人々
・この世代、この感覚だからできること
・どうでもいい人の話なんて、聞かなくていい。
・「斎藤靖紀」が「ブルボンヌ」になるためのアイテム
Image8


女装パフォーマー/ライター。1990年にゲイのパソコン通信ネットワークを企画・設立。その後、ドラァグクイーンとして、全国のイベントやパレード、映画のキャンペーンなどに参加。と同時に、ゲイ雑誌『Badi』の編集主幹、ライター、エッセイストとして女性誌、映画雑誌、週刊誌などに連載、寄稿する。女装パフォーマー集団「Campy!ガールズ」のメンバーとして、全国のクラブイベント、各種メディアでも活躍。本名は斎藤靖紀。

■着飾ることの力を教えてくれた母

私が女装というか、着飾ることの魅力を最初に感じたのはオカンからなんです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.