ビューティ情報『クレンジングをやめて美肌に。「石けんでメイクオフ」する選択【積読を崩す夜 #21】』

クレンジングをやめて美肌に。「石けんでメイクオフ」する選択【積読を崩す夜 #21】

2018年2月15日 15:00
 

■クレンジングをやめたら肌がきれいになった

目次

・クレンジングをやめたら肌がきれいになった
・「クレンジングは肌にいい」は間違い
・ナチュラルコスメに替えてみる
・石けんでメイクも汚れも一度に落とす
・『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』書籍情報
・著者北島寿さんプロフィール
Pexels photo 712521


積んであるあの本が、私を待っている……。少し早く帰れそうな夜、DRESS世代に、じっくりと読み進めてほしい本をご紹介する連載【積読を崩す夜】。

21回目は、『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』(著:北島寿)を取り上げます。

女優の安達祐実さんが、メイクモデルに初挑戦。ナチュラルコスメの第一人者である著者が、クレンジングをやめるという切り口で、新しい美肌理論を教えてくれます。

■「クレンジングは肌にいい」は間違い

クレンジングは、一日の役目を終えたメイクや汚れを落とすもの。肌にとって不要な汚れを取り去る、という行為自体は必要なことです。「汚れを落とすものなんだから、クレンジングは肌にとっていいものだ」と思う方も多いかもしれません。でも、実際はその逆。クレンジングでメイクを落とすことを繰り返していると、肌がどんなダメージを受けてしまうのか、それはなぜなのか。(9ページより引用)

肌のためにメイクをしっかり落とすクレンジングは欠かせないと、私たちの多くが思っているのではないでしょうか。

前提として、メイクを落とさずに寝ることは肌に良くない、そして1日過ごした肌の上にはメイクや皮脂、汗、ホコリなどが付着。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.