ビューティ情報『“下地”と“コーティング”を駆使して春夏のメイク崩れを防ごう!』

“下地”と“コーティング”を駆使して春夏のメイク崩れを防ごう!

2018年3月31日 06:00
 

暖かくなってくると、汗でメイク落ちが気になってきますよね。そんな時、崩れにくい化粧品を使うのもひとつの手ですが、今回おすすめしたいのは“下地”と“コーティング”術です。本当にメイク崩れを防ぎたいなら、基盤と仕上げに着目しましょう!

1. ベースメイク

目次

・1. ベースメイク
・2. アイブロウメイク
・3. アイメイク
・4. リップメイク
shutterstock_367912988


ベースメイクの崩れを防ぐポイントは、「メイク前の保湿」で下地をつくることです。

肌が乾燥したままの状態でファンデーションをのせても、きちんと肌になじまず、密着度が悪くなります。下地やファンデーションを肌に定着させるには、メイク前に必ず入念に保湿しておきましょう。

とくに、テカリやすいおでこや鼻などのTゾーン部分は、化粧水や乳液をつけるともっとテカるのではないか…と思っている方も多いでしょう。しかし、逆に保湿をしていない状態だと、乾燥を防ごうとして毛穴から必要以上の皮脂が分泌されます。それが、テカリの原因になるのです。

Tゾーンもふくめて、頬や目元など顔全体をきちんと保湿してから、ベースメイクにとりかかりましょう。

2. アイブロウメイク

shutterstock_297232694


アイブロウは、「アイブロウマスカラ」でコーティングして仕上げることがポイントになります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.