ビューティ情報『「朝食」は食べる or 食べない、どっちがいいの?それぞれのメリットを知ろう!』

「朝食」は食べる or 食べない、どっちがいいの?それぞれのメリットを知ろう!

2018年4月13日 06:00
 

厚生省が昨年発表した統計によると、20代女性の23.1%は朝食を食べないのだとか。朝食は食べたほうが良いという説と、食べないほうが良いという説がありますが、結局どちらがいいのでしょうか。今回は、それぞれのメリット&デメリットをご紹介したいと思います。

「朝食を食べる派」のメリット&デメリットは?

「朝食を食べる」メリット

目次

・「朝食を食べる」メリット
・「朝食を食べる」デメリット
・「朝食を食べない」メリット
・「朝食を食べない」デメリット
朝食を食べるメリット

出典:Shutterstock太りにくくなる
朝食を食べることによって、眠っていたカラダが覚醒、内臓が活発に動き出し、体温が上昇して代謝が上がるため、太りにくくなります。

また、朝食を抜くとランチを食べるときに血糖値が急上昇しやすく、体に脂肪がつきやすくなってしまいますが、朝食を食べることで血糖値の急上昇を防ぐことができます。

午前中の集中力が持続する
脳のエネルギー源となるのは主にブドウ糖によるもの。朝食を抜くと、午前中の集中力や記憶力が低下してしまいます。

ブドウ糖は体内に大量に貯めておくことができないため、朝食で補わないと脳のエネルギー源が足りなくなってしまいます。午前中、ぼーっとしてしまう人、頭を使う仕事をする人は、朝食を食べることで午前中のパフォーマンスが向上するといえます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.