ビューティ情報『歯のエイジングケア、できていますか?食事中に水分をとると効果あり!?』

2019年6月22日 20:00

歯のエイジングケア、できていますか?食事中に水分をとると効果あり!?

何かと見られがちな口元。笑ったときに見える歯のケア、できていますか?年齢とともに唾液の量は減っていくので、細菌が繁殖しやすくなり、口の中をきれいに保ちにくくなります。
食事中に水分を摂る、歯ぐきに注目した歯みがきなど、分かりやすくご紹介しています!

唾液が多い人は虫歯になりにくい!?

目次

・加齢
・ストレス
・女性ホルモンの低下
・対策は、食事中に水分をとること!
・食事のあとは、すぐに水で口をすすぐこと!
・歯と歯茎の境目を意識する
・歯肉マッサージもおすすめ
・1日1回でも、念入りな歯磨きが◎
唾液が多い人は虫歯になりにくい!?
出典:GODMake.
口の中が酸性に傾くと、虫歯・歯周病になりやすいといわれています。虫歯の原因となる細菌が増殖しやすくなるためです。唾液が分泌されると、歯の周りについた汚れを洗い流し、口の中が中性に近づきます。

食事をすると、唾液がよく分泌されます。欠食が多いと、それだけ唾液の分泌が減り、口の中の衛生を保てなくなります。

唾液が少なくなる原因とは?
唾液が少なくなる原因とは?
出典:GODMake.

加齢

加齢とともに、口の周りの筋肉や、噛む力が低下します。その結果、唾液の分泌が減ります。

加齢で、唾液そのものの分泌能力も落ちていきます。

ストレス

唾液腺は自律神経によって支配されているので、ストレスで自律神経が乱れると唾液量は低下します。

女性ホルモンの低下

30代後半から女性ホルモンは徐々に低下し、45~55歳で激減します。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.