ビューティ情報『未来の自分は女性ホルモンが鍵!?ライフスタイル美人はこう作る!』

2019年9月10日 12:00

未来の自分は女性ホルモンが鍵!?ライフスタイル美人はこう作る!

ホルモンは、一生のうちに限られた量しか分泌されません。日々のライフスタイルによって5年後、10年後、数十年後の自分が作られます。
一日でも早くホルモンケアを始めることが、美と健康を保つ秘訣です。

私たちの身体にあるホルモンは、全部で約100種類以上あるといわれています。なかでも、思春期から始まる女性のライフステージには、つねに2つの女性ホルモンが関わり合いながら、身体の調子をコントロールしています。

目次

・エストロゲン(卵胞ホルモン)
・プロゲステロン(黄体ホルモン)
・適度な運動をする
・バランスの良い食事を摂る
・質の良い睡眠を習慣にする


女性ホルモンとは?
女性ホルモンとは?
出典:GODMake.

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは、生理の始まる思春期頃から増え始め、30代後半から徐々に分泌量が低下します。50歳前後の閉経を迎えるころには急激に低下してしまうため、身体のさまざまな部分に不調が現れます。

また、エストロゲンは、血管を柔軟にする働きがあります。動脈硬化を防ぎ血圧を下げる作用や、コラーゲンを増やして美肌を保つなど、身体の健康を維持しているホルモンです。閉経後の時期からは、心血管疾患や骨粗しょう症などが増加傾向にあるため、早めの予防作りが必要です。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

エストロゲンは、月経開始とともに分泌量が増加し、排卵時に減少し、再び排卵後に増加します。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.