ビューティ情報『肌の赤みを抑えるスキンケア方法!色むらのない均一な肌色を取り戻そう!』

2021年9月20日 16:00

肌の赤みを抑えるスキンケア方法!色むらのない均一な肌色を取り戻そう!

しっかりとした泡をつくるために、洗顔フォームは適量を守り、ネットを使って泡立てることをおすすめします。

洗顔時もクレンジングと同様に、すすぐ際の水温は35℃以下、水分はタオルでやさしくふき取り、刺激にならないよう注意しましょう。

化粧水、乳液、クリームで保湿する

保湿は、肌の角質を整えてバリア機能を高め、赤みを予防するのに役立ちます。十分に保湿するには、化粧水、乳液、クリームの3つを使いましょう。

化粧水は、手に適量とり顔全体になじませていきます。両手で温めてからつけていくと、化粧水の浸透力が高まり保湿効果が高まります。

化粧水をつけた後は、乳液 → クリームの順に重ねてうるおいが蒸発しないように保護しましょう。乳液やクリームは油分が多く、量が多すぎるとべたつき、少なすぎると乾燥するので、適量を守ることが大切です。

また、化粧水、乳液、クリームに、赤みに有効な成分が配合されているものを選ぶと、より効率よく赤みを防げます。

赤みを予防する有効成分は次の通りです。

抗炎症成分
フラーレン、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン

高保湿成分
セラミド、スクワラン、ヒアルロン酸

配合されている成分については、商品パッケージに記載されているため、購入前にチェックしておくことをおすすめします。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.