ビューティ情報『角質肥厚で硬くなった肌を柔らかくするスキンケアを紹介!』

2022年5月17日 20:00

角質肥厚で硬くなった肌を柔らかくするスキンケアを紹介!

肌のごわつきやざらつきを感じる角質肥厚。角質肥厚が起こると、肌触りが悪くなるだけでなく、肌表面に凹凸ができるなど見た目にも影響を与えます。

柔らかい肌を取り戻すためには、効果的なスキンケアを毎日行うことが重要です。本記事では、角質肥厚で硬くなった肌を柔らかくするスキンケアを紹介します。

角質肥厚について

目次

・角質肥厚が起こる原因
・角質肥厚が肌に与える影響
・古い角質をオフする
・基礎化粧品を使って保湿し、乾燥を防ぐ
・紫外線対策を徹底する
・シートマスクや美容液を使用する
角質肥厚について
出典:byBirth
角質肥厚とは、肌が硬くなってごわついている状態を指します。ここでは、角質肥厚が「起こる原因」と「肌に与える影響」について解説します。

角質肥厚が起こる原因

角質肥厚が起こる主な原因は、次の5つです。

肌のターンオーバーの乱れ
肌細胞は本来28日で生まれ変わりますが、加齢や紫外線などのダメージにより、リズムが崩れることがあります。ターンオーバーの乱れによって肌に炎症などのトラブルが起こると、ごわつきとなり角質肥厚の原因となるのです。

肌の乾燥
肌が乾燥すると、角質層が硬くなってめくれ上がり、肌表面がざらつき角質肥厚の状態になります。

気温の寒暖差
寒暖差が激しいと、肌に負担となるため保護しようと角質が厚くなります。また血流も悪くなるため、ターンオーバーが乱れてさらにかさつきやごわつきがひどくなることも。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.