ビューティ情報『便秘外来の専門医が語る“腸に潜む危険”、便秘は万病リスクも』

2019年7月10日 06:00

便秘外来の専門医が語る“腸に潜む危険”、便秘は万病リスクも

便秘外来の専門医が語る“腸に潜む危険”、便秘は万病リスクも


「腸内環境を整えて健康を維持する“腸活”がブームですが、『腸にいい』と思っていた習慣が、じつは腸の状態を不調にする原因だった、ということがよくあります。腸が健康でないと、肌荒れなど見た目に影響が出るだけでなく、精神的にもストレスがたまり、免疫力が下がって病気にかかりやすくなってしまうのです。人生100年時代ともいわれますが、健康寿命でいるためには、足腰だけでなく、腸の健康も欠かせません。正しい腸活を行って、消化と吸収、排泄がスムーズな“美腸”をキープすることが大切です」

松生クリニックの松生恒夫院長は、腸の健康の大切さをそう強調する。松生院長はこれまで4万件以上の大腸内視鏡検査を行い、“汚腸”の人を救ってきた便秘外来のスペシャリストだ。

いまの自分の腸内環境を次の「『美腸レベル』判定チェックリスト」で確認してみよう。該当項目が4個以上なら、すぐに食事や生活習慣を見直す必要がある。

□現在ダイエット中で、食事の量を減らしている
□就寝3時間前以内に食事を取ることがある
□外食が多く、コンビニ食・インスタント食品をよく食べる
□納豆やみそ汁、海藻類をほとんど食べない
□魚より肉を食べることが多い
□野菜は生のサラダを食べる
□ヨーグルトを1日200g以上食べる
□油はオリーブオイルよりもサラダ油をよく使う
□水分はあまり取らない(1日1リットル以下)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.