ビューティ情報『実は、半身浴はダメ! プロ直伝「ぐっすり快眠できる」簡単なコツ』

2022年5月25日 20:30

実は、半身浴はダメ! プロ直伝「ぐっすり快眠できる」簡単なコツ

起きなければいけない時間よりも1時間も2時間も早く起きてしまう、早朝覚醒。もう少し寝たいのに…とヤキモキされている方もいらっしゃるようです。そこで、眠りとお風呂の専門家で公認心理師のSleepLIVE(株)代表・小林麻利子さんが早朝覚醒の対策をお伝えします。

1.「自然な現象である」可能性もあります

目次

・1.「自然な現象である」可能性もあります
・2.カーテン
・3.そのまま起きてしまうのもあり
・5.アロマの力で自律神経を整える
・6.夏用の寝具を使用する
実は、半身浴はダメ! プロ直伝「ぐっすり快眠できる」簡単なコツ


私たちの体内時計は、日の出時刻によってコントロールされています。例えば、夏は日の出時刻が早く、睡眠時間が冬よりも短くなる傾向にあり、起床時刻が早く、早起きがしやすくなります。

日の出時刻は季節によって大きく変わり、例えば東京の1月1日の日の出時刻は6:51ですが、6月6日では、4:25。日の出時刻が、約2時間半も違います。冬はそれだけ遅起きになりやすいと言えます。

今の時期はと言いますと、例えば5/15ですと日の出時刻は4:36。とても早いです。つまり、最近朝起きるのが早くなったなぁと感じるのは、日の出時刻が早いことで引き起こった自然現象かもしれません。

とはいえ、そんなに早く起きてしまえば、睡眠時間も短くなるし、しんどくなってしまう方もおられるかもしれません。

2.カーテン

まずは日の光が室内に入らないよう、カーテンで工夫しましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.