子育て情報『デマ情報をシェア!? 新型コロナが原因でママ友関係が揺れてしまい…』

2020年6月4日 08:30

デマ情報をシェア!? 新型コロナが原因でママ友関係が揺れてしまい…

目次

・遊ぶ約束はどうする?
・グループLINEにデマ情報
・助かることも!
・著者:竹内優実
SNSの画像


現在、6歳と3歳のやんちゃな男の子2人を育てています。それぞれ4月に入学と入園を控えていましたが、本格的な新学期の開始はまだ先になりそうです。今回の新型コロナウイルスの感染拡大で、子どものお友だちや私のママ友関係に起きた体験談をご紹介します。

遊ぶ約束はどうする?

3月に卒園した長男は、春休みにお友だちと遊ぶ約束をたくさんしていました。しかし、新型コロナウイルスの感染者が増えていくなか、「予定通り遊びに行っても良いのかな?」と不安に思うように。

Webで検索しても当時は「友だちの家で遊ぶこと」について、はっきりとした情報は書いていませんでした。お友だちとは小学校が離れてしまうし、子どもも楽しみにしているし……。

「中止を提案したら神経質だと思われるかな?」などとも悩みましたが、結局ママたちに延期することを提案。幸いなことに「実は私も相談しようと思ってた」と言ってくれたママも多く、「落ち着いたらまた遊ぼうね」と約束しました。きちんと気持ちを言い合える関係でよかったです。

グループLINEにデマ情報

困ったのが、クラスのグループLINEに良かれと思ってデマ情報を流してしまったママがいたことです。ネットニュースでその情報がデマであることは知っていたのですが、親切心で載せているママにグループLINE上で指摘することもできず……。また、載せたママとも個人的に親しいわけではありませんでした。

結局、その後デマであると気付いたママから謝罪のメッセージが来て一件落着。ただ、デマと知らずに載せてしまったママはとても落ち込んでいるようで気の毒でした。

助かることも!

しかし、困ったことばかりでなく、助かることも多かったです。お米やトイレットペーパーが買えなくて困っているときに、ママ友から届いた「〇〇に今在庫あるよ!」という情報はとてもありがたかったです。

また、卒園式や入学式、入園式はマスクが必須だったのですが「家に少し余裕があるからなかったら言ってね!」と言ってくれるママ友も……。子どもを産む前は「ママ友って面倒くさそう」と思っていましたが、今回の騒動で改めてママ友の大切さを実感しました。

いまだ収束の兆しが見えない新型コロナウイルスで不安になることも少なくありません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.