採卵から移植へ…進める卵ができてるかドキドキ【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第23話】

2018年2月7日 12:00
 

中村こてつ ライター
中村こてつ

不妊治療を2005~8年に受けた中村こてつさんの体験談をシリーズでお届け。採卵を終え一安心するも移植可能な胚盤胞がいくつできたか…ドキドキしながら結果を待ちます。


移植できる卵はいくつできたか

採卵の3日後、心配していた採卵後のOHSS(第21話参照)についてチェックするために、体重と腹囲を計測しました。

採卵直後とあまり変わっていませんでしたが、内診してもらうと、少し腹水がたまっていました。残った卵胞たちもかなり大きくなっていました。それに伴い、卵巣も腫れているようです。

言われてみれば、少し張った感じはありました。もう少し水が溜まってたら、かなり苦しかったと思うよ~とドクターに言われました。

残った卵胞はもう排卵しないので、これ以上症状が悪化することはないとのことで、軽いOHSSとの診断です。これくらいで済んで本当に良かったです。

しばらくは、飛んだり跳ねたりはNGです。卵巣がぐるんと捻じれると大変なのです。

(余談ですがこの7年後、本当に捻じれてしまい(卵巣茎捻転)救急搬送されました。幸い手術は免れましたが、正直出産より痛かったです!二度と味わいたくない痛みです。)

腫れた卵巣は1ヶ月で戻るのは難しいかもとのことで、移植は年明けになりました。年末はゆっくり過ごせるんだぁ~と嬉しくなりました。

採卵から移植へ…進める卵ができてるかドキドキ【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第23話】

受精から5日経ちました。

13個の受精卵のうち、いくつ胚盤胞になったか電話で確認します。

高校受験のドキドキを思い出します。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.