いつのまにかもう一人の自分がいました【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第16話】

2017年10月18日 12:00
 

中村こてつ ライター
中村こてつ

不妊治療を始めて、2年経とうとしていました。治療を重ねていくうちに、憂鬱になるときがありました。

そのうちの一つが、『子持ちの友人との集まり』に行くときでした。

いつのまにかもう一人の自分がいました【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第16話】

子どもがいてもいなくてもどちらでもヨシ、と思っていたはずの私でした。

それなのに、私より後に結婚した友人たちが次々に妊娠・出産していくのを見聞きしながら、治療を続けていると、それまで平気だった集まりが、なぜだか憂鬱になりました。

大好きな友人たち、集まることが決まったら会える日をワクワクと待っていたくらいなのに。

親しい友人たちは決して私に子どもがいないことを揶揄したり、デリカシーのない質問を投げかけてくるような人たちではありません。今までと変わらず私に接してくれています。

それなのに私はどうしたことでしょう。なるべくなら行きたくない会いたくないと思ってしまう…落ち込むようなことを言われるのでは? なんらかの出来事で子どもがいないことを痛感させられるのでは?

勝手にネガティブな想像をして重い気持ちになっていました。

しかし、行ってしまえばそれなりに楽しいのです。勝手に暗い想像をしていただけでした。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.