本当に私は子どもが欲しいのか? 再燃した気持ち【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第25話】

2018年3月7日 12:00
 

中村こてつ ライター
中村こてつ

不妊治療を2005~8年に受けた中村こてつさんの体験談。お休み期間を経て、いよいよい移植へという時に「本当に私は子どもが欲しいの?」そんな心の葛藤が再燃します。


本当に私は子どもが欲しいのか?

新しい年を迎えました。

予定では、1月半ばにリセットし、2月初旬に移植となります。

「グレードの良い初期胚盤胞が3個あるので、そのうちの1個を移植することになります。」とドクター。
写真を渡されました。

凍結した受精卵の写真です。

同じく顕微授精をした友人が、受精卵の卵の写真が可愛い! と言っていたので私も楽しみにしていました。が、いざ渡されてみると、その感情は湧かず…。

だって、見た目干し梅みたいなのです(笑)(色は違いますが)。

本当に私は子どもが欲しいのか? 再燃した気持ち【こうして赤子を授かった~中村こてつ不妊治療体験記~ 第25話

移植したら、だんだんと愛おしくなるのでしょうか。

しかし、自分も昔はこんな姿だったんだなぁと思うと不思議でなりません。

この干し梅が人間の形になっていくんだもんなぁ~。

『イノチ』って本当に神秘的。

単純に感動し、その日の受診は終了しました。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.