子育て情報『留学する可能性も!?子どもが産まれたら考えておきたい、大学進学にかかるお金』

2018年6月25日 12:29

留学する可能性も!?子どもが産まれたら考えておきたい、大学進学にかかるお金

子どもが産まれたら考えなければいけないのが、教育資金のこと。銀行預金や学資保険などお金の貯め方はさまざまですが、いったいどれくらい必要なのかご存知ですか?

親向けのマネー講座や保険会社の資料に載っている教育資金の目安は、ほとんど国内の学校に通うことを想定したものばかりです。ですが、グローバル化が進み、国も英語教育の改革を進めている今、自分の子どもが海外への留学を希望しないとも限りません。

目次

・ズバリ、留学費用っていくら?
・日本の大学と比べると…?
・海外にも奨学金制度はある?


そこで、いくつか英語圏の大学をピックアップして留学費用の相場を調べてみました。子どもの教育資金を考えるにあたって、留学費用についても知っておきましょう。

ズバリ、留学費用っていくら?

0763332aed899c2d79665adb1ef67bc0_s

海外の大学も日本の大学と同じように、国公立か私立か、また学部によっても費用に大きな差があります。ざっくりとした目安ですが、英語圏5カ国の1年間の学費・生活費の相場は以下のとおり。

・アメリカ
学費/US$6000~40000(1US$=110円/66万円~440万円)
生活費/US$10000~15000(1US$=110円/110万円~165万円)

・イギリス
学費/£4000~21000(1£=150円/60万円~315万円)
生活費/£9000~12000(1£=150円/135万円~180万円)

・オーストラリア
学費/AU$9000~18000(1AU$=80円/72万円~144万円)
生活費/AU$18000~20000(1AU$=80円/144万円~160万円)

・ニュージーランド
学費/NZ$14000~$21000(1NZ$=75円/105万円~157万5千円)
生活費/NZ$12000~$15000(1NZ$=75円/90万円~112万5千円)

・カナダ
学費/C$2000~$16000(1C$=80円/16万円~128万円)
生活費/C$15000~20000(1C$=80円/120万円~160万円)

<StudyLink『How much does it really cost to study abroad?』より抜粋>

アメリカやカナダの大学は日本と同じで4年制が基本ですが、イギリスやオーストラリア、ニュージーランドは3年制です。在学年数が多いと、やはりそれだけ費用もかさみます。

特にアメリカは日本人の留学先として人気がありますが、日本と比べても学費が高額で、世界一学費の高い国と言われているそう。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.