子育て情報『梅雨バテ・夏バテならこのメニュー!子どものおかわりが止まらない!』

2020年7月21日 11:20

梅雨バテ・夏バテならこのメニュー!子どものおかわりが止まらない!

暑い夏は子どもの食欲が落ちたり、ママも暑くてキッチンに立ちたくないなんてこともしばしば。
うちの息子も夏バテしやすく、普段よりもごはんを食べなくなってしまいます。もともと、食が細い方なので少し食べないだけでも心配に…。
今回、息子の離乳食の時からお世話になっているマクロビ料理講師の松井延子さんにお話しを聞きながら、暑い時期も子どもが喜んで食べるおすすめのメニューを教えていただきました。

旬の素材を選ぶことが一番の時短につながる!

松井さんが教えてくれるレシピは、どれも簡単な時短料理。夏の暑い時期に、時短でおいしい料理はママにとっても助かります。
「一番のポイントは、旬の食材、鮮度のよいものを選ぶことです」と松井さん。
「旬でその時期に一番おいしいものを選べば、何か特別な味つけをしなくてもおいしいんです。よい食材からはよい出汁が出ます」。
以前に習った料理も、塩をふってせいろで蒸すだけ、素材の味を活かした重ね煮、ポタージュなど、とても簡単なものばかり。
素材そのものの味が生かされているため、調理過程も、調味料も少なくてすみ、とてもヘルシー。夏でも胃が疲れにくく消化の負担がかかりません。
子ども達に作ってあげると、びっくりするほどパクパク食べてくれました。

目次

・旬の素材を選ぶことが一番の時短につながる!
・ごはんをアレンジしてみましょう!
・食欲がないときは甘酒はいかが
・身体の冷やしすぎに注意!バランスを大切に


梅雨バテ・夏バテならこのメニュー!子どものおかわりが止まらない!

ごはんをアレンジしてみましょう!

暑いと、お米が重たく感じて、ごはんを食べなくなってしまうことも多いのではないでしょうか。
息子は夏になると「ごはん(お米)いらない」とよく言うのですが、ごはんを酢飯に変えただけで、おかわりをするくらいよく食べてくれるようになりました。
松井さんいわく、お酢は夏バテ防止や、食欲促進に効果があり、消化吸収も助けてくれるのでおすすめなのだそう。

わが家では、海鮮丼にしたり、簡単に海苔やゴマ、納豆をのせて食べますが、野菜もいっしょに取れるレシピとして【冷やし中華ごはん】を教えてもらいました。
上にのせるのは、鶏肉、ハム、油揚げ、きのこ類、なす、オクラ、ピーマンなど、自宅にあるものでOK。生野菜が苦手なお子さんには、蒸した野菜など火を通したものを。
大人用のごはんにはシソを混ぜてもいいですね。たれは冷やし中華にも使えるので覚えておくと便利ですよ。

【冷やし中華ごはん】
■材料(4人分)
・常温のごはん…ごはん茶碗4杯(酢飯もおすすめ)
・厚揚げ…1個(油抜きをして、一口大に切る)
・キュウリ…1本(輪切りにする)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.