子育て情報『新生児けいれんとは?症状や原因、対処法、後遺症やてんかんとの関係についてくわしく紹介します』

2017年10月5日 14:00

新生児けいれんとは?症状や原因、対処法、後遺症やてんかんとの関係についてくわしく紹介します


新生児けいれんとは?

新生児けいれんとは?症状や原因、対処法、後遺症やてんかんとの関係についてくわしく紹介しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10132107004

新生児けいれんとは、生後28日未満の新生児に起こるけいれん症状のことを指します。出生体重3000グラム以上の成熟児での発症率は1000人のうち2~2.8%、2500グラム未満の低出生体重児では9.37~13.5%となっており、低出生体重児に多く発症します。

けいれん発作は、広義には体を強張らせて震えることを指します。「けいれん」と聞いて、まず「大発作」などの突然倒れてしまうイメージを浮かべる方も多いでしょう。

しかし、新生児けいれんの特徴的な発作は「微細発作」です。まばたきの繰り返し、もぐもぐ口を動かす、自転車をこぐような動きなど、一目でけいれんとは分かりにくい発作が特徴的です。いつもと違う、違和感のある動きをしていれば微細発作の可能性があります。

新生児けいれんの原因は低酸素性虚血性脳症や頭蓋内出血、脳梗塞、感染症などが原因でけいれんが発症するため、早期治療が必要です。また新生児けいれんの発症をきっかけに、その後てんかんが発症する可能性もあります。

新生児けいれんに関わらず、けいれんが長く続くと後遺症が残りやすいと言われています。適切なけいれん時の対処や、必要ならば救急車を呼ぶなど、瞬時に判断できるように知識を身につけておくことをおすすめします。

http://www.jsog.or.jp/PDF/57/5707-123.pdf
出典:新生児けいれん|日産婦誌57巻7号研修コーナー


新生児けいれんの症状

新生児けいれんとは?症状や原因、対処法、後遺症やてんかんとの関係についてくわしく紹介しますの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10445002188

新生児けいれんには、頻度の高い順に微細発作、強直性けいれん、間代性けいれん、ミオクローヌスけいれんの4つのけいれんの種類があります。最も多いとされている微細発作は、発作症状が分かりにくく、見つかりにくいといわれています。

<微細発作>
・眼球運動の異常
水平眼球偏位(眼球が水平に動くがまばたきがない状態)

・口や頬(ほほ)、舌の異常運動
舌を出す、しかめっ面を繰り返す、ウインクの様な動き

・四肢の異常行動
自転車こぎ、水泳のクロールのような動き

・自律神経症状
血圧上昇、チアノーゼ(体内の酸素濃度が低下し、唇などが青紫色になること)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.