子育て情報『「平成30年7月豪雨」、発達障害のある子への避難所での配慮ポイントまとめ』

「平成30年7月豪雨」、発達障害のある子への避難所での配慮ポイントまとめ

2018年7月12日 15:50
 


平成30年7月豪雨での甚大な被害。避難者7,000人以上、約25万戸が断水

2018年6月28日から発生した台風第7号や梅雨前線の影響により西日本を中心に多く発生した豪雨は「平成30年7月豪雨」と名付けられました。この豪雨により、各地で土砂崩れ、家屋倒壊、土砂流入、河川氾濫などの被害が相次ぎました。

消防庁の発表によると、今もなお多くの方々が避難をされています。また厚生労働省によると、2018年7月11日時点で約25万戸が断水状態となっています。

https://www.mhlw.go.jp/content/10600000/000331824.pdf
平成30年7月豪雨による被害状況等について(第15報) | 厚生労働省

http://www.fdma.go.jp/bn/74fc731ac43e1446536f8922b355b5133d8fb7ce.pdf
平成30年7月豪雨による被害状況及び消防機関等 の対応状況について(第20報)| 消防庁


避難生活で発達障害のある子どもがおかれる環境

豪雨による被害の拡大にともない、発達障害のある子どもを取り巻く環境についても、不安に思われる方は多いのではないでしょうか。

発達障害のある子どもの中には、慣れない環境や集団での行動が苦手があるなど、避難所生活が難しい子もいます。感覚過敏や偏食などがあり、特別な配慮や対応が必要になる人もいます。しかし避難するにあたって、障害のある人に対する配慮が難しい場合や、見えにくい障害であることも影響して、なかなか理解を得にくい場合もあるようです。

東日本大震災の際も、避難所生活をあきらめて車中生活を送った家族が少なくありませんでした。

国立障害者リハビリテーションセンター研究所の発達障害情報・支援センターが東日本大震災(2011年)の翌年、岩手、宮城(仙台市を除く)、福島の3県で、発達障害がある人(もしくは、家族が代理で回答)にアンケートしたところ、276人が回答。避難所を利用した人は23%で、そのうち避難所で問題なく過ごせた人は18%にとどまった。

偏食で配給食が食べられない▽見守りが必要で配給の受け取りに行けない▽夜中に目を覚まして声を出してしまう――など、障害特有の行動で、本人だけでなく、家族の負担も大きかった。周囲に遠慮し、避難所生活をあきらめて車中生活を送った家族もいた。

朝日新聞デジタル, 帯金真弓「発達障害の人たちに理解と支援を避難所で孤立の恐れ」, 2016.04.20

https://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top
また、熊本地震でも避難所施設などでの問題も報告されています。

住まいを失い、行き場を失った被災者がたどり着くはずの仮設住宅が、そこでトイレもできず、お風呂にも入れなかったりするなど、障害者への配慮はほとんどありません。

ある避難所へやってきた車椅子の障害者が、「ここは階段ばかりだから」と断られたり、発達障害で自閉症があり、水の配給の列に並べない子どもの分を求めた親に、「平等ですから」ともらえなかったり、「迷惑をかけるから」と避難所を追い出されたり・・・。

NHKハートネット,熊本地震「また取り残されるのか」被災地での障碍者支援の実態,2018,04,13

https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/26/


避難所での配慮、知っておきたいポイント

避難所での生活は、食べ物やトイレ、他人との距離感などが普段と大きく異なります。どんな方にとっても大変な状況であることは間違いありませんが、とりわけ発達障害のある子どもにとっては大きなストレスがかかる環境です。

「走り回る」、「大声を出す」といった行動も、その子の不安の表れであることが少なくありません。限られたスペースのなか、少しでも不安やストレスを軽減するには、どのような配慮をすれば良いのでしょうか。

以下では、発達障害のある方への避難所での配慮のポイントをご紹介します。

発達障害は、見た目からはわかりにくい障害ですが、他人との関わりや集団生活で困りごとを抱えることも少なくありません。特に子どものうちは、困っていてもなかなか言葉で説明することができません。

避難所を運営する方は、ご高齢の方や、病気や身体障害等のある方への配慮と同じく、発達障害によって特別な配慮が必要な方がいないかを、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

人が多く、にぎやかな所が苦手な子もいます。そこで、パーテーションや仕切りを設置し、視界的にさえぎられる場所を作りましょう。
パニックになった時に落ち着ける場所としても活用できます。

インターネット上などでも簡単な手作りパーテーションのアイデアが載っています。ぜひ参考にしてみてください。

「平成30年7月豪雨」、発達障害のある子への避難所での配慮ポイントまとめの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10165000025

特定の食べ物しか食べられない方やアレルギーのある方のために、避難所で支給する食べ物の配慮が必要です。避難所を運営する方は、食べ物への配慮が必要な方がいないか、ご本人やご家族に事前に確認すると良いでしょう。これから避難所に食料を送られる方は食材や成分のリストを添えるといったことも心がけましょう。

また、どんな食べ物かわからない時は不安が大きくなり、食べられないことがあります。パンは袋から出して、飲み物はコップに注いで、実物が見える状態で渡すことで安心して食べられることもあります。

発達障害のある子どものなかには、長時間立って並ぶことや、順番を守ることが難しい子もいます。列に並んでの物資の受け取りが難しい子どもやその家族に対しては、直接手渡しをすることをおすすめします。

また、発達障害のある子どものなかには、指示の内容が理解できない、困っていることが伝えられない、人とコミュニケーションをとるのが困難な子もいます。

そのような手助けが必要な子に対しては、一斉のアナウンスだけでなく個別に声掛けをしましょう。

トイレやお風呂に強いこだわりがあり、みんなと同じ環境での排便や入浴が難しい子どももいます。簡易式トイレや洋式便座を用意する、入浴の際は付き添いの方がつく、など安心してトイレやお風呂に行けるような配慮すると良いでしょう。

それでも、トイレに行けないという方のために大人用のおむつを避難所で用意しておくこともおすすめです。

発達障害の特性があること、配慮やサポートが必要であることがわかりにくく、周囲の人に誤解されてしまう可能性があるかもしれません。どんな配慮や理解が必要か、周りに知らせるかどうかなどを本人や家族と相談した上で、周囲の人に理解を広げることも大切です。

LITALICO発達ナビでは、災害時に避難所等で過ごす、発達が気になるお子さんの保護者さまや周囲の方々へ向け、避難所等でサポートが必要なお子さまの存在を知らせる「ヘルプマーク」を作成し、以下のリンクに設置しました(東京都申請済)。避難所での掲示などにぜひ、プリントしてご活用ください。

「平成30年7月豪雨」、発達障害のある子への避難所での配慮ポイントまとめの画像

Upload By 発達ナビ編集部

「平成30年7月豪雨」、発達障害のある子への避難所での配慮ポイントまとめの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038021214

お絵かき道具、本、音楽プレイヤー、ゲームなどお子さんが楽しめるものを用意できれば、不安やパニックを緩和しやすくなります。物資や電気・ネットが限られている環境では難しいことはありますが、身近なもので子どもの気をまぎらわせる方法がないか、ご家族と相談してみましょう。

「平成30年7月豪雨」、発達障害のある子への避難所での配慮ポイントまとめの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10179012269

暑さが本格化し始めるこの時期には、熱中症の危険性が高まります。気温・湿度が高い、風が弱いなどの場所では以下のポイントに気を付けてください。

■症状
めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う。
(重度:返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い)

■水分補給
こまめな水分補給などの調節は通常でも忘れやすいことなので、意識的にのどが渇いていなくてもこまめに水分・塩分・経口補水液の補給を促してください。

■暑さ対策
発達障害のある人は、体温調節が苦手であることなどで暑い場所にいつづけてしまう危険性もあります。感覚鈍磨がある人は、体調不良や痛みに気づきにくいことや、子どもの場合、体調不良をうまく人に伝えられないこともあります。

健康状態をこまめに観察し、なるべく日陰や風通しの良い涼しい場所に移動するようにしましょう。厚生労働省がまとめている熱中症対策が以下のリンクにあるので参考にしてください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000212502_00001.html
熱中症予防のために | 厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001enhj-att/2r9852000001enj7.pdf
避難所生活を過ごされる方々の 健康管理に関するガイドライン | 厚生労働省

避難所での生活は普段とは大きく異なるため、障害の有無に関わらず一般の方々も意識して留意すべき点がいくつかあります。避難されている全ての方衛生・健康面で気を付けるべき項目とポイントが載っているリンクを以下に載せます。

■食中毒
高温多湿な夏場では食材が腐りやすくなります。食中毒対策について以下のリンクを参照ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000212536_00001.html
厚生労働省|食中毒予防のために

■エコノミークラス症候群
多くの人がいる避難所や車中などにいる方は、思うように体か動かせなかったり一定の姿勢を強いられる状況です。軽いストレッチやマッサージを心がけましょう。以下のリンクに実践可能な予防策が載っています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000212521_00001.html
厚生労働省|エコノミークラス症候群の予防のために

■破傷風
避難中のがれきや木片などでけがや切り傷がある場合、小さな傷であってもそこから感染症が広がる可能性があります。土砂災害の場合、破傷風の感染に注意が必要です。以下のリンクでは症状や注意点、対処法などが記載されているのでぜひ、参考にしてください。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/hoken-sidou/dl/110411_hashouhuu.pdf
厚生労働省|破傷風についてのお知らせ


一般避難所が難しい方のための「福祉避難所」があります

障害などのさまざまな理由で一般避難所での避難生活が難しい方のために、「福祉避難所」が市区町村ごとに設置されています。ここでは、専門的なスタッフや物資・備品による支援が受けることができます。各自治体によって、福祉避難所の設置数や設置場所、相談窓口は異なるため該当する自治体のHPなどでご確認下さい。

以下のリンクでは広島市、岡山県、愛媛県での福祉避難所がまとまって確認できます。参考にしてください。

広島市

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1298612633592/index.html
広島市|福祉避難所について

岡山県

http://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/536604_4193502_misc.pdf
岡山県|岡山県内の福祉避難所の指定状況一覧

愛媛県

https://www.pref.ehime.jp/h20100/documents/fukushihinanjoitiran.pdf
愛媛県|福祉避難所一覧


車中泊の方の注意点

「平成30年7月豪雨」、発達障害のある子への避難所での配慮ポイントまとめの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174008785

車中泊をすることになった場合は、配給リストから漏れたりする可能性があるため、以下の注意点をご参考にしてください。

車中泊をしている家族の中には、配給の受け取りに行きたくても、子どもを置いて行けない、連れて行けないといった状況におちいる方々もいます。

避難所を運営される方は、そういったご家族が近隣におられないかコミュニケーションをとり、直接配給するなどの配慮をご検討ください。


適切な配慮で避難生活を乗り切りましょう

発達障害のある子どもが避難生活を乗り切るためには適切な配慮が必要になります。避難所を運営される方や外部から支援に入られる方が、ここでご紹介した配慮のポイントをご参考にしていただければ幸いです。

以下のリンクでご紹介しているハンドブックやマニュアルもご参照ください。

みなさんのご無事と1日も早い復旧をお祈りしております。

http://www6.nhk.or.jp/heart-net/special/saigai/index.html
NHK|災害時障害者のためのサイト

http://www.autism.or.jp/bousai/bousai-hb-siensyayou.pdf
社団法人 日本自閉症協会|自閉症の人たちのための災害ハンドブック

http://www.rehab.go.jp/ddis/%E7%81%BD%E5%AE%B3%E6%99%82%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%81%94%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E5%85%90%E3%83%BB%E8%80%85%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/?action=common_download_main&upload_id=813
国立障害者リハビリテーションセンター研究所|災害時 発達障害児・者支援エッセンス

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/shinsho/saigai/saigaimanual/koujino.html
東京都福祉保健局|高次脳機能障害のある方のための災害時初動行動マニュアル

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.