くらし情報『大きな窓の開放感のある家家のどこにいても家族の気配が感じられる空間』

2019年2月27日 00:00

大きな窓の開放感のある家家のどこにいても家族の気配が感じられる空間

目次

・30人のパーティも余裕の大空間
・必要なものは楽しくDIYで
・日々成長する家
大きな窓の開放感のある家家のどこにいても家族の気配が感じられる空間


30人のパーティも余裕の大空間

横浜の南向きの傾斜地に建つお宅は、大きな窓や吹き抜けが気持ちのいい開放感のある住まい。
グレイエムさんが南アフリカ出身ということもあり、日本に来た時に住んだ小さな窓の集合住宅が、とても息苦しく感じたのだそう。
「その反動から、大きな窓がたくさんあって、外に広がりを感じられる家は、夫のたっての希望でした。なので我が家の窓にはカーテンがほとんどありません(笑)」と奥様の理恵さん。

部屋を仕切る壁もほとんどないので、内部空間が広々と感じられる。
「冬に暖房効率を上げたい時など、必要な時にカーテンで仕切れるようにしています」

玄関から続く土間は、一段高くなっているリビングの周囲をぐるりと回ることができる。
広々としたキッチンは、30人も集まるというホームパーティのお客さんの受け入れ態勢も万全。
「仕切りのない家なので、思い思いの場所でくつろいでいただけます」

大きな窓の開放感のある家家のどこにいても家族の気配が感じられる空間

大人数のホームパーティも余裕で楽しめる広々としたキッチン。「鍋も洗える大型の食洗機は私の希望でつけていただきました」。庭のバーベキューコーナーへもキッチンから直行できる。
大きな窓の開放感のある家家のどこにいても家族の気配が感じられる空間

土間をはさんだ反対側の部屋は壁にプロジェクターで映像を流し、ゴロゴロしながらくつろげる空間。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.