くらし情報『ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ』

2020年4月13日 00:00

ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

だという。
「前の住まいでは、椅子を引くと人が通るスペースがなくなってしまったのですが、今は二人でも行き来ができるくらいスペースにゆとりが生まれて、教室進行もスムーズになりました」(幹子さん)。

ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

広々としたリビング・ダイニング。中心にあるのは、収納を兼ねた作業台。レッスンの際は生徒さんはここで作業をする。
ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ
アンティーク調のペンダントライトは葉山ガーデンで購入。テーブルに光が当たるように、ソケットの位置を改修し移動させた。
ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

素材や色、サイズ感など、五味さん夫妻のこだわりを追求した革張りのオーダーソファー。「手すりも自在に取り外しができるセパレートタイプで、とても軽いんです。足も抜けているので掃除がしやすいという点も気に入っています」(幹子さん)。
ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

吹き抜けの窓から差し込む光がリビングを自然な明るさに。「北向きなので、夕方までずっと心地良い明るさなんです」と幹子さん。
ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

ガラス食器などが収められているのは、100年前のイギリス製のアンティーク棚。目黒の家具屋さんで一目惚れしたという。リペアされているので、作りもしっかりとしている。
ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

取材時につくっていただいたランチは、教室の3月のテーマだった「ハンバーグ」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.