くらし情報『ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ』

2020年4月13日 00:00

ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

と話す幹子さん。そこで、引き渡し後、知り合いの大工さんに依頼。吊り戸棚を取り外したことによって、キッチンからリビング・ダイニングまで視線が抜ける心地よい開放感のある空間が生まれた。

ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

L字型のペニンシュラキッチン。元々、吊り戸棚があった場所にはオーダーしたペンダントライトを設置。
ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

シンクの後ろには、葉山ガーデンでオーダーしたストッカーと引き出し収納を設置。五味さん夫妻がDIYしたという上部の棚には、教室で使うセイロやおひつが並んでいる。
ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

キッチンのコーナーには愛用の調理器具が並ぶ。右上の棚も五味夫妻によるDIY。
ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

幹子さんの希望で、料理家パトリス・ジュリアンプロデュースのビルトインコンロ「+do」とガスオーブンを導入。高火力かつ使い勝手の良い五徳で料理も抜群に捗るという。
ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

3階へ続く階段。壁には雑貨屋で一目惚れしたというお花のタペストリー。階段に置いてあるのは、今治産の無農薬のレモンを塩漬けにしたもの。
ホッとする家庭料理の教室理想のLDKを求めて新築物件を自分流にアレンジ

ル・クルーゼの専任アドバイザーも務めていたという幹子さん。しっかりとした作りの棚には、愛用のル・クルーゼの鍋が並ぶ。

四季を大切にした家庭料理

キッチンとリビング・ダイニングで構成された2階は、暮らしの中心地であると同時に幹子さんの料理教室の場でもある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.