くらし情報『「I am. 」~私は存在する。~|12星座連載小説#126~牡羊座 最終話~』

2017年7月26日 21:15

「I am. 」~私は存在する。~|12星座連載小説#126~牡羊座 最終話~

12人の女性たちの生き方を、12星座になぞらえて紹介していくショートクロスストーリー『12星座 女たちの人生』。 キャリア、恋愛、不倫、育児……。男性とはまた異なる、色とりどりの生活の中で彼女たちは自己実現を果たしていく。 この物語を読み進めていく中で、自身の星座に与えられた“宿命”のようなものを感じられるのではないでしょうか。

文・脇田尚

【12星座 女たちの人生】第126話 ~牡羊座-最終話~

「I am. 」~私は存在する。~|12星座連載小説#126~牡羊座 最終話~


―――2ヶ月後……。

私は自分が手がけた番組を会社で観ていた。完璧な出来ではないが、精一杯やったという自負はある。

如月、木田さんをはじめチーフプロデューサーの吉岡さん、今回の企画に異を唱えた飯田達もいる。

2時間番組という枠の中で、自分が表現したかったことを全て詰め込んだ。この作品が、私の中でずっと消化不良だった“夏希”への想いを昇華させるものになったことは確かだ。

「貧困女子の本質は、女性であるが故の“寂しさ”にあるのかもしれない―――」

ナレーターが、締めのコメントを告げ、番組は終わった。

「終わりましたね」

如月が涙目で微笑んでいる。

『お疲れ様。助かったわ……ありがとう』

彼女にとっても、ADとして初めてのドキュメンタリー番組の完成だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.