くらし情報『ねぇ知ってた…?本当は怖い「桜の木」にまつわる不吉な話4つ』

ねぇ知ってた…?本当は怖い「桜の木」にまつわる不吉な話4つ

2018年3月27日 19:45
 

文・脇田尚

■江戸時代まで桜は不吉なものとされていた

関連リンク

・何枚あってもいい!この春じわじわ人気の”ロゴT”がコーデに欠かせない
・消えない眉、もちのよいチーク…メイクくずれの疑問を解決する!
・問題を解決に導くための有効な自分の見つめ方


桜の一番の美しさは、その儚さにあります。しかし、江戸時代まではその散りゆくさまが“死”や“物事の終わり”と結び付けられ、マイナスイメージを持たれていたようです。

また、散った花びらは薄桃色からすぐに土気色に変わるため、“心変わり”を意味するとも考えられていました。そのため、桜は縁起の悪いものだと考えられていたのでしょう。

■桜を庭に植えるのは縁起が悪い



桜は“散るもの”というネガティブなイメージから、植えると家が栄えずに廃れてしまうとされています。

しかしこれ、ある意味正しいのです。桜は縦横に大きく成長するので、家の日当たりが悪くなったり、他の植物の成長を妨げたりといった難点があります。

根を広く深く張る木でもあるため、家の基礎部分を壊してしまう可能性もあるのです。考えなしに庭に植えてしまうと本当に家が廃れてしまうかも……。

■桜の樹の下に埋まるもの、それは……



「桜の樹の下には死体が埋まっている」これは梶井基次郎の短編小説『櫻の樹の下には』の冒頭の文章です。

桜が人を不安にさせるほど美しく咲くのは、その下に醜い死体が埋まっているからだ、という内容ですが、「桜は人骨を吸って育つ」といった言い伝えや「根元には鬼が住んでいる」という伝承もあり、あながち間違いではないのかもしれません。

もちろん、信じるか信じないかは、あなた次第ですが……。

儚さというのは“死”を連想させるものでもあり、不吉なイメージに結びつくのです。

一方で、これほどまでに私たちの心を惹きつけてやまない花は、他にはなかなかありません。そう考えると桜を眺めるとき、一層感慨深い気持ちになるのではないでしょうか。

(C) jirobkk /shutterstock
(C) jakkapan /shutterstock
(C) nuu_jeed /shutterstock
(C) Prokhorova Tatiana /shutterstock

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.