くらし情報『安田顕も共感 失職のピンチに西原理恵子「プライドなんて捨てちゃって!」』

2018年3月1日 22:00

安田顕も共感 失職のピンチに西原理恵子「プライドなんて捨てちゃって!」

仕事は、生活の糧であり、生き甲斐にもなり得る人生で重要な存在。もしもそれがなくなったら…?いざという時の心得を漫画家・西原理恵子さんと俳優・安田顕さんが考えます。

安田顕も共感 失職のピンチに西原理恵子「プライドなんて捨てちゃって!」


経済が不安定な今の時代。契約や派遣といった雇用形態の人も多く、もちろん正社員でも、いつ仕事がなくなってもおかしくない状況。失業した…!そんな窮地に陥ったら?

西原:
私もずっと契約とか派遣みたいなものですからね~。

安田:
役者も同じです(笑)。

西原:
もちろん失業しちゃったら大変だと思いますよ。でも、仕事は選ばなければいくらでもあるんです!

安田:
確かに。

西原:
私が最初に始めたのは、エロ本のカット描きですからね。大切なのは、身の程知らずの夢を叶えることじゃなくて、自分ができることや、やりたいことで、どう稼ぐかということ。

安田:
選り好みをしている場合じゃない、と?

西原:
そう、そう。失業したっていう時の例えとしてはアレですけど、もしその人がミュージシャンになりたかったとしたら、じゃあ、あなたの音楽は「どうしたらお金に換えられるの!?」って。バンドマンでもいいし、居酒屋で演奏する人でもいい。時給800円もらえるところで探せば、ミュージシャンになれますよ!紅白に出るとか、アリーナを埋めるとか、そういうことじゃなくて、明日が期限のガス代3000円を稼ぐことのほうが大事じゃん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.