くらし情報『ベッキー 初の時代劇で「撮影の間、すごく悲しかった」理由とは?』

ベッキー 初の時代劇で「撮影の間、すごく悲しかった」理由とは?

2018年4月6日 07:00
 

「未知の扉を開けるのが、とても楽しい」仕事はもちろん、プライベートでの新しい経験を通し、自分新発見中のベッキーさん。34歳を迎えた今の心境を、語ります。

関連リンク

・セレーナ・ゴメス、ホラー映画で女優業に復帰!?
・【無印良品】の本当に使える収納アイテム☆おうちに合うものがきっと見つかる!
・DISH//、4人体制での初ツアー完走 新たな発表も<セットリスト>
ベッキー 初の時代劇で「撮影の間、すごく悲しかった」理由とは?


撮影の朝、ショートボブのサラサラヘアを揺らしながら、小走りでスタジオに登場したベッキーさん。その軽やかな雰囲気に、約10年前、アンアンの企画で髪をバッサリ切ってくれたときの姿を思い出し、そのことを伝えると、「私もあの企画のことはよく覚えてます」とニッコリ。最近は新しいことにたくさんチャレンジをしていると語るその横顔は、とてもエネルギーに満ちて見えました。

――この4月から、主演ドラマ、しかも時代劇『くノ一忍法帖 蛍火』がスタートしました。今までのベッキーさんのイメージからすると、時代劇に出るというのは結構驚きの展開だったのですが…。

ベッキー:意外ですよね(笑)。私自身もお話をいただいたとき、ものすごくびっくりしました。でも同時に、本当に本当に嬉しかった。仕事を再開したときに、いろいろ道は険しいかもしれないけれど、だからこそいくつか大きな目標を立てたんです。その中の一つが、いつか主演ドラマができるようになりたい、というもので。その夢がこんなに早く叶ったのがとてもありがたくて。

しかも、それが時代劇。実は私、昔は“時代劇はたぶん一生やらない”と、勝手に思い込んでいた部分があって。かつらが重そうとか、着物が大変そうとか、そういうことも理由でしたが、ハーフである私には縁のない世界だろうな、と決めつけてたんです。でも、お話が来た。瞬時に、これは神様がくれた大きなチャンスだ、断るなんてありえない!って思って、お受けしました。

――原作は山田風太郎氏、役柄は忍者。しかも撮影は、時代劇の本場である太秦だったそうで。

ベッキー:時代劇は初めてだし、そんな私がいきなり主役。しかもスケジュールの都合で、殺陣や所作振る舞いの稽古も、そんなに時間がとれなくて…。正直最初は、太秦のベテランスタッフの方々に「下手だな」と言われたらどうしようと、とても不安だったんです。撮影に入ってからも、撮った映像をじっくりと見返す時間もなくて。暗闇の中、とりあえず無我夢中で演じざるを得ませんでした。なので、とにかくたくさん時代劇を見たり、空き時間に監督や照明さんなどにどんな小さな疑問でもしつこく質問して、少しでも勉強するよう努力しました。
ベッキー 初の時代劇で「撮影の間、すごく悲しかった」理由とは?


――もうクランクアップしたそうですが、初時代劇、どうでした?

ベッキー:すっっっごく楽しかったです。辛いだろうなぁと思っていた着物を毎日着られるのが喜びになったし、小物の一つ一つが美しいし、何より毎日が冒険みたいで、とても刺激的な時間でした。なんだろう、太秦ランドで忍者合宿してた、みたいな感じ(笑)。チャレンジしてみて、本当によかったです。

――昨年の秋には舞台、そして今回のドラマ。演技の仕事が続いていますが、その中で、新しい発見はありましたか?

ベッキー:芝居ってこういうものなのかな、というのが、ほんのちょっとだけわかった気がします。昨年、12年ぶりに舞台をやったんですね。鈴木おさむさんが演出で、共演が今田耕司さんだったんですが、そのときにおさむさんに、「自分の魂を通した芝居をしてほしい」と言われたのが、すごく大きくて。以前は、“悲しい演技”は“悲しいふりをすること”だと思っていたんです。だからこそ、演技するのがすごく怖かったんですよね、ちゃんと悲しく見えてるかどうか、それが不安で。でもその舞台以降は、自分にとっての演技が、“ふり”ではなくなった。

今回演じた<お蛍(けい)>という役は、悲しい経験をたくさんするんですが、正直撮影している間、私もすごく悲しかったんです。そのときに、なんか、芝居の本質の一端に触れられた気がしました。おさむさんに言われたように、魂を通して芝居ができた気がしてます。人間味が出たねとか、芝居に深みや重みが出たとか、何人かに言っていただけたんです。それが、すごく嬉しかったですね。

1984年生まれ、神奈川県出身。オーディションを経て、テレビ番組『おはスタ』のマスコットガールとして14歳でデビュー。以降、バラエティ番組出演や、歌手、女優として活躍中。『恋愛観察バラエティ あいのり:Asian Journey』(フジテレビ系)にメインMCとして、『FULL CHORUS♪』(BSスカパー!)にレギュラー出演中。

ワンピース¥25,000(マリハ/シップス渋谷店TEL:03・3496・0481)ピアス¥13,800(ルーカスジャック/カージュルミネエスト新宿店TEL:03・5312・7597)サンダル¥15,800(ダニエラ&ジェマ/カルネTEL:03・5413・3433)
※『anan』2018年4月11日号より。写真・内田紘倫(The VOICE)スタイリスト・永田彩子ヘア&メイク・川添カユミ(ilumini)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.