くらし情報『ベタつく「悪い汗」はトレーニングで改善できる!?』

2018年5月10日 22:00

ベタつく「悪い汗」はトレーニングで改善できる!?

ワキに汗染みができて、つり革につかまれない!会社に着く頃には、胸も背中も汗でベトベト…。「汗とニオイ」のあるある悲劇、攻略法をご紹介します!ワキ、胸、背中から汗が噴き出す!
ベタつく「悪い汗」はトレーニングで改善できる!?


【ベトベトする悪い汗はトレーニングで改善できる!】
ベタつく汗こそが、ニオイの原因となる悪い汗。

「悪い汗をかくひとつの理由は汗腺機能が低下しているから。湯船に浸かって汗腺トレーニングをすれば改善されます。全身浴、半身浴の順で内臓をゆっくりと温めると、上半身から良い汗をかきやすくなります」(「マブチメディカルクリニック」院長・馬渕知子先生)

水分をしっかり摂っておくことも、良い汗をかく秘訣に。

「入浴前にコップ1杯、長湯する場合はペットボトルなどを持ち込んで水分摂取を。体を温める生姜入り紅茶もおすすめです」

まず熱めの湯で5分くらい全身浴。全身が温まったら半身浴を10~15 分くらい。毎日できればベストだが、時間がとれない人は週2~3 回でも。自分に合った回数を見つけて。

【染みない、見えない、おしゃれの工夫】
汗染み対策は、ファッションから工夫しよう。

「体に熱がこもる状態を作ると汗をかきやすいので、吸汗速乾性に優れた機能性インナーや、麻など通気性のいい素材の洋服を選びましょう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.