くらし情報『あのドラマで話題の眞島秀和「ゾワゾワした」舞台の第2弾に挑む』

2018年6月22日 16:00

あのドラマで話題の眞島秀和「ゾワゾワした」舞台の第2弾に挑む

昨年上演され、読売演劇大賞の優秀作品賞や最優秀演出家賞などを受賞した二兎社の舞台『ザ・空気』。報道の現場を舞台に、世の中に蔓延する“自粛”や“忖度”といった奇妙な空気の正体に迫ったこの作品。その第2弾となる『ザ・空気ver.2』の舞台は官邸記者クラブだ。世をザワつかせた傑作の第2弾。官邸記者クラブを覆う“空気”を描く。
あのドラマで話題の眞島秀和「ゾワゾワした」舞台の第2弾に挑む


「前作を観た時、世に流れるニュースの信憑性について考えさせられましたし、あらためて恐ろしさを感じてゾワゾワしました。今回は、記者ならば本来、重視しなければいけない“ある問題”が発覚するけれど、タイミング的に記者クラブでようやく総理のインタビューが実現しそうという状況で、さてどうするかという物語。現場を知らない僕らの視点では、当たり前に思えることが記者クラブの慣例ではそうではなかったり、いろんな問題提起を含んでいて、観終わった後に持ち帰って考えられる作品になっていると思います」

眞島秀和さんの役柄は、リベラル系の新聞社の政治部キャップ。

「周りとのバランスをとろうと“空気を読む”キャラクターです。記者クラブには保守系の記者もいて、それぞれの社風や立場の違いから右往左往する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.