くらし情報『「洋画は、国産に限る」? 友近×秋山竜次『国産洋画劇場』が気になる!』

2018年9月22日 07:00

「洋画は、国産に限る」? 友近×秋山竜次『国産洋画劇場』が気になる!

広辞苑によると洋画とは、<欧米で製作され、日本に輸入された映画>のこと。で、この『国産洋画劇場』は、国産の、洋画。それってどういう意味?
「洋画は、国産に限る」? 友近×秋山竜次『国産洋画劇場』が気になる!


友近:小さい頃は父が洋画が好きで、一緒にテレビで見てましたね。吹き替えのセリフの真似をやったりして。

秋山:僕もテレビで見てました。当時の洋画って、わかりやすくエンターテインメント性が高くて、それがすごく好きでした。で、友近さんとはいろいろとご一緒してるんですが、映像作品は作ったことがなくて。

友近:それで今回、秋山さんと一緒に何か作りませんか?とお声がけをいただいたときに、私たちは揃って、「洋画を作りたい!」と。

――なるほど。でもお作りになるのは、日本で、ですよね?

秋山:はい。洋画なんですけれど、僕ら日本人ですし、輸入に頼りすぎるのも良くないなって思って。

友近:そう。そこは本当に意気投合したところ。だから今回の洋画は、国産で仕上げたいなって。

秋山:演者、撮影チーム、ロケ地など、すべて安心の国産です。

友近:やっぱり洋画は、国産に限ると思いますよ。

――…何がなんだかわからなくなってきたんですが、1作目は「六城(ろくき)」と伺っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.