くらし情報『佐野玲於「女の子が喜ぶこと知ってます!」恋愛の極意を語る』

2018年10月18日 16:30

佐野玲於「女の子が喜ぶこと知ってます!」恋愛の極意を語る

撮影に入る日がとても楽しみでした。

ーータカシは映画の全編を通して余韻を残す難しい役だと思いました。役作りについて教えてください。

佐野さん 役作りは、特にしていません。というのも、松永監督と出会っていろんなことを話していくなかで、タカシは人生観を含めて自分に近いと気づいて。監督もそのことを見抜いていたので、「特別な役作りをしないで欲しい」と言われました。タカシの心情やサチとの向き合い方を表現しようと心掛けました。

ーー原作は読みましたか?

佐野さん 原作の後に脚本を読みました。原作を強く意識せず、フラットな気持ちで、自分ができることを一生懸命やろうと思いました。
佐野玲於「女の子が喜ぶこと知ってます!」恋愛の極意を語る


ーータカシのどのようなところに共感しましたか?

佐野さん 家庭環境が複雑で、自分にとってなくてはならないものがある、というところに共感しました。タカシは片親なので、はたから見れば、不幸に見えるのかもしれませんが、彼自身はそう思っていません。僕も同じ気持ちを抱いていたので、彼の心情を表現することが重要でした。だからこそ、僕には自然体の演技が求められたのではないかと思います。

ーーご自身の家庭環境に通じるものがあった?

佐野さん 自分も片親ですから、タカシの心情は理解できました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.