くらし情報『“寝返りを打つ=よく眠れている”証拠? 「快眠」お悩み相談室』

2019年9月8日 20:30

“寝返りを打つ=よく眠れている”証拠? 「快眠」お悩み相談室

真夜中でも光を浴び続ける現代生活、不規則なシフト勤務に、多様なストレス。そんな環境や習慣が、いい睡眠を妨げている原因かもしれません。睡眠学の第一人者である内山真先生に伺いました。

悩み:月曜日の朝、起きるのがいつもよりツライのはどうして?
先生の回答:それは、最近増えている、ソーシャル・ジェットラグです。週末、遅くまで寝ているのが原因。

ソーシャル・ジェットラグとは、平日と休日の睡眠時間の差で起きる、時差ぼけのような不調のこと。休日に平日より3~4時間長く眠ると、体内時計が最大で30分ほど遅れてしまう。これを2日続けると1時間遅れます。なので日曜の夜、12時に寝床に入っても体はまだ11時なので眠くなく、朝6時に起きても体は5時だからツライのです。休日もあまり朝寝坊しないようにしましょう。

悩み:よく眠れるようにと、しっかり運動しているのに、なぜかぐっすり眠れない!
先生の回答:運動もやりすぎは眠れなくなる原因になります。

起きて脳が活動している間、一種の睡眠物質が脳に溜まります。それがたくさん溜まるほど眠気は強くなり、眠っている間に元のレベルに戻って目が覚めます。運動ではかなり脳の活動が促されるので、よく動いた日はぐっすり眠れると考えられています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.